切迫早産乗り切りログ

妊娠27週で切迫早産となった私の、2ヵ月間の入院とノウハウの記録

35w0d 35週!!!だけど・・・

ついに到達、35週。
なのに昨日の母さんとのごたごたのせいで全然気分があがらない。
むしろ張りっぱなし。かっちかち。

便通もない。ストレスだー。
たんちゃんと喜び合う。
35週だー!
35週というのは、この病院でも出産可能な週数。
それ以前だとNICUのある病院に転院になるので、
35週が待ち遠しかった。

予定日は1月だけどクリスマスまでに産まれるかなー。
クリスマス、お正月、一緒に過ごしたいなー。

朝ごはんは相変わらずだぜい。
雲ひとつない青空。

モニタートップ。
張りなし。

昨日、退院希望を出したから、
里帰り先が土日の緊急診察可能か確認。
結果オッケーぽい。

昼ごはん。昼ごはんを運んでくれる看護師さんにも35週を祝われる。

退院予定について
先生から説明ありとのことでナースステーションへ。
内容は重かった…
若い先生とベテラン先生より。
点滴減量は35wの水曜から一日ずつ。
完全オフは36wの月曜。そこから内服。
つまり36wの土日は点滴付き…36週は完全に点滴オフだと思ってたから凹む。

また里帰りも勧めないとのこと。
内服に切り替えた後は病院の近くで過ごすこと。
それでも実家に行きたければ行ってもいいが、勧めはしないとのこと。

聞きながらどんどん涙が出てきて
止まらなくなってしまった。
臨月に入ったらもう好きにさせてもらえると思ってた。
まだまだ縛られるのか…
せっかくここまで頑張ったんだから!と言われても、36wの退院と里帰りを心の支えにしていた私にとって、これは精神崩壊につながる。もう何を目標に過ごせばいいんだかわからない…

泣きながら病室へ帰って
途中トイレで号泣した。
退院したいよー…
べびのためには37wまで我慢すべきって分かってるよ。
分かってるけど…
ごめんよべびたん。母ちゃん限界…

病室には旦那が来ていた。
泣きながら言われたことを伝える。
今日いてくれてよかった…
頭の中では何が最良かわかってる。
ただ、心の整理がつかないだけ。

2人で話して
結局先生がそう言うならくつがえることはないだろうし、里帰りすれば絶対に無事に産める保証があるわけでもないし、そこにこだわる理由がもはやない。
ここで産むことで調整することになった。

先生の言い方からして、
おそらく私は退院せずに陣痛につながる可能性が限りなく高いんだろうなぁ…
退院したかったなぁ…
でもこればっかりは、神のみぞ知る部分なんだろうなぁ…

旦那といろいろ話して、
5時頃帰宅。
もっと一緒にいたいのに。

夕飯。テンション上がらない系。

日記書きながらまた泣いて
でもべびたん無事産まれたら
退院してからやりたかったこと
全部できるじゃんって思うことにした。
点滴のない腕で自由に動いて、
自分の足で立って自由に歩いて、
お風呂に毎日入って、
採血も採尿もなくて、
何よりいつ産まれるか、子宮頸管短くなっていないかの恐怖から解放される。

今の私はべびたんの保育器みたいなもんだから、お母さんなんだから。

でもね、やっぱり退院したいの。
だから一応心の目標にはするの。
12/14に退院ね!12/16までおとなしくしていて、12/17、37週になったら動く!
メンタル大事だからね。
あとちょっとだよ!がんばろーぜべびたん!

夜勤助産師さんが丁寧に、張り返しの説明とかしてくれる。
多分こっちで産んだ方がいいんだけど、
そうなると心配なのは
産んだあと。
実家まで生まれて間もない赤ちゃんを運ぶか、
一ヶ月検診までは完全にこっちで育児するか。
正直どっちも怖い。

なのでまた考えを変えて、
37週まで持てば里帰りして実家で1ヵ月。
それ以前に陣痛、破水がきたらここの病院で産んで自宅で過ごす。

って感じかな。

はぁ…涙が止まらねよー。
なんで出産てこんな難しいのー。

 lineで先生からもらった症状の紙を家族に送っておいた。
母さんからlineきた。
明日来るらしい。
はぁ…昨日の喧嘩、完全な茶番だったな。
なんだったんだ…お腹張りまくったのに。

なんなんだほんとにもう…

ばかみたい…

気付いたら寝てた。